廃屋の再利用はどこまでされているのか

使っていない家を活用しよう

廃屋でも再利用できる

リノベーションすれば、どんな廃屋でも綺麗に生まれ変わります。 そこを古民家カフェとして経営する人が増えているので、興味がある人は挑戦してみましょう。 廃屋は安く入手でき、リノベーションする費用を合わせても新築や中古の物件を買った時より費用を削減できます。

観光客をターゲットにする

最近は旅行をする時に、民泊を利用する人が増えています。 民泊は安く宿泊できるところが人気で需要が高まっているので、この機会に廃屋をリノベーションし、民泊を経営しても良いでしょう。 日本人だけでなく、海外から来た観光客も民泊を利用してくれると思います。

みんなに知ってもらおう

待っているだけでは、カフェも民泊も流行りません。 お客さんや利用者を増やすためには、宣伝が大事です。 SNSなら遠くまで情報が拡散されますし、海外のユーザーも使っているので、海外の観光客に情報を届けることができます。 写真も載せて、わかりやすく伝えましょう。

オシャレなカフェになる

古くてボロボロの廃屋でも、リノベーションをすれば綺麗になります。
そこで廃屋を利用して、オシャレな古民家風カフェを経営する人が増えています。
田舎の優しい雰囲気を演出できるので、カフェの経営を目指している人は廃屋を利用する方法があると覚えておきましょう。
リノベーションが必須でも、廃屋は新築や中古の物件に比べてかなり価格が安く、費用の削減に繋がります。

また廃屋をリノベーションで生まれ変わらせて、民泊を経営する人も見られます。
民泊は日本人の観光客からも海外の観光客からも需要があり、しっかりと利益を得られるでしょう。
海外の観光客をメインターゲットにする場合は、部屋の使い方を英語で説明するのが良い方法です。
また自分も、最低限の英会話はできるようになっておきましょう。
海外の観光客向けに民泊を経営するのは良いですが言語の壁があり、トラブルが起こりやすいと言われているので対策が必要です。

カフェや民宿を経営する場合は、SNSで宣伝するのが良い方法です。
SNSなら簡単に投稿できますし、写真も一緒に掲載できます。
以前廃屋の写真と、現在の綺麗なカフェや民宿の写真を並べて投稿しても良いですね。
すると大きな変化に、みんなが注目してくれると思います。
また近くに有名な観光名所やお祭りなどがあればSNSで紹介することで、観光客を呼び寄せることができます。
待っているだけでは誰も気づいてくれないので、積極的に宣伝しましょう。