>

観光客をターゲットにする

この記事をシェアする

宿泊できる用意を整えよう

近くに有名な観光地があり、観光客がたくさん訪れる地域なら民泊を経営するのがおすすめです。
民泊は一般的なホテルや旅館よりも安く宿泊できるので、宿代を節約しながら旅行したい人から人気があります。
廃屋も綺麗に整えれば立派な民宿になるので、必要な設備を整えてください。

最低でも寝床と、トイレや浴室が必要です。
また快適に利用者が過ごせるように、冷暖房設備も用意した方が良いでしょう。
さらに周囲にどのような観光地があるのか説明した、マップを部屋に置くのがおすすめです。
するとプランがない観光客もそれを見て、観光地を訪れようと思うかもしれません。
他にも人気があるお土産や、この地域の伝統などを説明するのも良い方法です。

海外からの観光客

民泊はホテルや旅館に比べて日本の生活様式を身近に感じられるので、海外の観光客からも人気があります。
そこで日本人よりも、海外の観光客をメインターゲットにしても良いでしょう。
ですからトラブル防止のために、部屋の使い方や注意点などを英語で書いたパンフレットを部屋に置いてください。

初めて日本に来る観光客は、トイレや浴室の使い方を知らないかもしれません。
また部屋で火を使うと火事になる可能性があるので、火を使ってはいけない、室内は禁煙だということも説明しましょう。
海外の観光客から直接問い合わせがあった時のために、基本的な英会話を学んでおくと安心です。
直接コミュニケーションを取れるように、準備しておきましょう。